婚姻届の出し方とは?

MENU

婚姻届の出し方とは?誰でも分かる必要書類の書き方と入籍手続き

はじめに

これから結婚する方々は要必見!
意外と知らない、婚姻届の出し方についてまとめてみました♪

 

婚約届の入手方法書き方や、戸籍謄本などの必要書類など入籍手続きについてご紹介していきます!

 

また、よくやってしまいがちな注意ポイントや結婚記念日について等の結婚に関する情報を随時更新中です。
合わせて、チェックしてみて下さいね★

婚姻届の出し方・提出先とは?必要書類を確認しよう!

籍を入れるためには、婚姻届を入手し、それから役所に提出しなければなりません。
結婚をする多くの方が初めて経験する手続きのため、流れがわからないという事も多いのではないでしょうか。

 

婚姻届の入手から提出までの流れを紹介していきます。

婚姻届を入手する

結婚

まず、基本的な事として知っておきたいのが婚姻届の入手方法です。
主に、全国にある市区町村の役所、あるいは出張所などの戸籍課でもらう事が出来ます。

 

また、書類をもらう時には身分証明などを用意する必要はありませんので、手ぶらで役所に伺っても大丈夫です。

 

婚姻届は一度に数枚もらう事が可能な役所が多いです。
この書類には、夫妻の氏名や本籍地のほか、入籍日や証人を記入する箇所などがあります。
一度書き間違えると、訂正印を押すなどの処理が必要となってしまう事もあるため、できれば数枚もらっておく方が、間違えてしまった時に安心です。

 

婚姻届には一般的なデザインのものがあるほか、ご当地キャラクターなどを取り入れた書類があるなど、様々です。
また、役所でもらうだけではなく、インターネットでデータをダウンロードして使用する事も出来るので、気に入ったデザインの婚姻届を見つけてみましょう。

戸籍謄本の準備が必要

市役所

婚姻届とは別に用意しておきたい書類として「戸籍謄本」があげられます。
これは戸籍に入っている配偶者や子供など、全員の身分事項を証明できる書類で、戸籍の原文が全てコピーされています。

 

多くの役所で婚姻届を準備する段階で戸籍謄本、あるいは戸籍抄本が必要書類となります。
どちらか分からない場合には、全てが記載されている戸籍謄本を用意しておくと問題ありません。

 

戸籍謄本は婚姻届を提出するために向かった役所が、住民登録を行っている場所と異なる場合に必要です。
なので夫妻両方が本籍地と住民登録を行っている役所が同様の場合は、必要ありません。

 

また、どちらか片方が本籍地と別の場所で婚姻届を提出する場合、その方の戸籍謄本が必要となります。

 

ちなみに、戸籍謄本は本籍地の役所あるいは行政サービスセンターや市民センターなどの場所でもらえます。
料金は1通あたり450円で、窓口と自動交付機のどちらでも一律の料金です。

婚姻届を提出する

婚姻届

婚姻届に必要事項を記入し仕上げたら、最後は書類を提出していきます。
まず、提出する前に確認しておきたいのが、必要なものが全て揃っているのかということです。

 

「婚姻届」「戸籍謄本」「お互いの旧姓印鑑」「身分証明書」が必要となります。

 

婚姻届と戸籍謄本は良いとして、旧姓印鑑は提出した書類に不備があった場合に、訂正印として使用します。
そのため、手間がかからないように持参されることをおすすめします。

婚姻届を記入する時、必ず必要となる印鑑。
婚姻届には、シャチハタやゴム印を使用する事は認められていませんので、しっかり朱肉を使う印鑑を用意しなければなりません。
シャチハタやゴム印は、インクやゴムが劣化し、綺麗に押印出来ない心配があるため、正式な文書には基本的に使用できません。

 

また、婚姻届に使う印鑑は認印のいずれでも問題ありません。
婚姻届には一般的に認印を使う事が多いです。

 

最近では、可愛らしい様々なタイプの印鑑が販売されています。
結婚を機会に、印鑑を作る方は、下記サイトを参考にしてみてください♪

 

参考サイト:印鑑作成即日店舗比較2016<ネットショップの特徴と最安値比較>

身分証明書は婚姻届を提出する方が本人なのか確認するために必要です。
マイナンバーカード、運転免許証、パスポートなどが身分証明書証として認められますので、必ず持参しましょう。

 

婚姻届を提出できる場所は、「夫の本籍地か住所地」あるいは「妻の本籍地か住所地」があげられます。
住所地は一時的な場所も含まれており、例えば北海道に数日滞在している場合、所在地は北海道となるため、地域の役所に提出することが可能です。

 

提出する人は都合が悪い場合、夫妻のどちらか一人でも問題ありません。
しかし、書類に訂正する箇所があった場合、訂正印を押す必要があるため、お互いの旧姓の印鑑を用意すると便利です。

未成年の場合は、両親の同意書

籍を入れる夫妻が未成年の場合、両親の同意書が必要となります。
どちらも未成年の場合には、それぞれの親に署名と押印をしてもらう必要があります。

 

同意する方は両親に限らず、養父母でも問題はありません。

 

婚姻届に記載する箇所がありますが、別に用意して提出するという方法もあります。
婚姻届を両親に渡す暇がないという場合には、別に同意書を用意して、記載してもらうようにしましょう。

これらが、婚姻届を入手し、提出するまでの基本的な流れとなります。
はじめはどうしても分からない事が多く、不安になりがちですが、知ってしまえば難しいことはありません。
無事、籍を入れられるように、適切な手順や準備を行い、書類を提出しましょう。

婚姻届の正しい記入・書き方<提出する日時はいつでもいいの?>

婚約届は、籍を入れるために必要な手続きです。
この手続きにおいて知っておきたい事として、記入に関する知識です。

 

婚姻届は、記入漏れがあったり、必要な書類が不足していたりすると、書類を受理される日がズレる可能性があるため、特定の日を結婚記念日にしたい場合には、正確に記入する必要があります。
そこで、適切な婚姻届の書き方を紹介します。

婚姻届の提出日時はいつでも良いの?

婚姻届は年中24時間受付を行っており、たとえ土日や祝日であったとしても、書類に問題がない限りは希望日通りに受理されます。
氏名の欄には婚姻前の氏名を書き旧字体が戸籍に使われている場合は、旧字体を使いましょう。

 

住所は住民票に記載されている住所及び世帯主を記入します。
婚姻届を提出しただけで住民票の変更はありませんので、その他の手続きも行いましょう。

婚姻届の正しい書き方は?

婚姻届

本籍の欄には、現在の本籍地、筆頭者を記入していきます。
父母の氏名と続き柄は、母の名前を書く必要は基本的にありませんが、両親が離婚している場合は必要です。

 

また、両親が亡くなっている場合にも、空欄にせずに記入しましょう。
婚姻後の夫婦の氏や新しい本籍では、どちらの苗字にするのかチェックを入れ、本籍も記載します。
同居を始めたときには、結婚式を挙げた日か同居を始めた日の早い方を記入します。

 

夫婦の職業は、窓口に職業一覧表があるため、そこから選び記入しましょう。
届出人署名押印は、それぞれの旧姓を本人が署名し、それぞれの印鑑を使用します。

 

その際、印鑑は実印ではなく認印でも可能なものの、ゴム印は使えないので注意が必要です。
連絡先には自宅や勤務先など、日中に連絡が取れる電話番号を記入しましょう。
書類に不備があった場合、連絡がくるので必要です。

 

最後に証人ですが、20歳以上であれば誰でも可能で、親、親戚、友人、兄弟などお願いできる方に記載してもらいます。

 

不備がないよう、正確に記載しましょう

これらが一般的な婚姻届の書き方になります。
不備があった場合、指定の結婚記念日に出来ない可能性がありますし、何度も書き直しを行う手間が増えるため、正確に記載される事をおすすめします。
正しい書き方を参考にし、婚姻届を作成して下さい。

婚姻届の提出日はいつがおすすめ?縁起が良い日をご紹介!

婚姻届を提出するのに、いつが縁起の良い日なのか気になる方は少なくないでしょう。
やはり、悪いよりは良い事に越した事はありませんので、いつが良いのか、紹介していきたいと思います。

六曜で縁起の良い日

カレンダー

六曜という言葉を一度は耳にした事があると思います。
これは吉凶や運勢を示しているもので、イベントや何かを行う時にはこの六曜を意識される事は少なくありません。

 

ちなみに六曜は「先勝」「友引」「先負」「仏滅」「大安」「赤口」があり、1日ごとにローテーションしていきます。

 

この中でも結婚届をする時に選ばれやすい人気のある六曜は「大安」です。
大安には大いに安しという意味合いがあり、六曜の中でももっとも良い日とされ、例えば結婚式を行う際に、先に大安に予定を入れてしまうという事が多いです。
結婚届をする際にも、この大安の人気があります。

大安より縁起が良いとされる日

一般的に縁起の良し悪しを判断される時には六曜を確認される事が多いです。
しかしそのほかには、「暦注下段」や「選日」から、縁起の良い日を選ばれる事もあります。
暦注下段や選日は六曜に比べて馴染みは薄いでしょうが、古くから迷信として伝わってきています。

 

暦注下段からは「天赦日」、選日からは「一粒万倍日」というのが良い日とされています。
天赦日は天が万物の罪をゆるす日として知られ、暦的にはもっとも良い吉日として知られます。

 

対して一粒万倍日は新しいことを始めるのに良い日とされます。
六曜やこれらの「暦注下段」や「選日」が重なる日があり、そういった日はとても縁起が良いと言われ、入籍日に選ばれる事は少なくありません。

 

縁起を気にするかしないかは人それぞれですが、せっかくであれば縁起の良い日に入籍したいと考えられる方も多いのではないでしょうか。
六曜、暦注下段、選日などの縁起の良い日を狙って入籍されるという事も多くありますので、気になる方はぜひ、これらの吉日を狙い、結婚届を提出してみてはいかがでしょう。

婚姻届の気になる疑問質問を解決!誰もが気になるあれこれ

婚姻届を提出することにおいて、ちょっとした疑問を持っている方がいると思います。
中には案外知られていない事もありますので、いくつか婚姻届に関するQ&Aを紹介しますので、参考にしてみて下さい。

 

婚姻届は誰が提出しても良い?

婚姻届を提出する人は、夫婦二人揃っていても良いですし、あるいはどちらか片方でも問題ありません。
また、届け出を代理人にお願いする事も可能です。
夫婦のどちらかが行く場合、書類に不備があった場合に訂正印が必要となるため、お互いの印鑑を持参することをおすすめします。
代理人が提出する場合、戸籍が異動する通知が本人に来ます。
誰が届け出をするにしても身分証明書が必要になるため、あらかじめ準備しておきましょう。

婚姻届の証人は誰が良い?

婚姻届の証人は基本的に誰でも良いのですが、20歳以上である事と、お互いが結婚することを知っている人である必要があります。
この条件を満たしていれば、両親や親戚、友人や恩師など、誰にお願いしても問題ありません。

証人にはリスクはある?

婚姻届に書く証人にリスクはありません。
これは保証人とは違い、偽装結婚や婚姻届を勝手に出されるといったトラブルを防ぐためにあります。
誰かしらの証人になることで、トラブルが起こったり、不利益が生じたりすることは基本的にありません。

書類を提出するのに時間の決まりはある?

婚姻届を提出するのに時間の決まりはありません。
365日24時間いつでも受け付けが行われているため、時間に追われる事は無いと考えて良いでしょう。
例え役所がしまっているとしても、時間外受付によって書類を受け取ってもらう事が可能です。
しかし、時間外受付の場合は必要書類に不備があった場合、その場で訂正を行う事が出来ません。
そのため、可能であれば役所の窓口が営業している時間帯に婚姻届を提出する方が安心です。

役所に行かなければ婚姻届は手に入らない?

一般的に、婚姻届を手に入れる為には市区町村にある役所に出向き、書類をもらう必要があります。
しかし、役所に行って必ずもらわなければならないという決まりはなく、インターネットでダウンロードしたものを印刷して使用する分にも問題ありません。
通常の婚姻届を使用される方も多いのですが、可愛らしいデザインの書類があったり、ご当地キャラクターが施された婚姻届があったりするなど、種類は様々です。
気に入った婚姻届を入手して使ってみるのも良いでしょう。

婚姻届の職業欄はどうすれば良い?

婚姻届にある職業欄には夫婦が就いている職業を書く必要があります。
ただし、この職業欄は国税調査が行われる年のみ必要で、そのほかの年には記載する必要性はありません。
国税調査が行われるのは、西暦が5の倍数である歳です。
なので、2015年、2020年、2025年、といった歳に籍を入れる場合には、役所の窓口に置かれている職業一覧を確認し、記載しましょう。
また、夫婦いずれかが公務員の場合、提出方法が変わると思われがちですが、職業で提出方法が変わる事がありません。
国税調査がある場合、職業欄には「4」番の公務員を選ぶようにしましょう。

婚姻届の住所はどうすれば良い?

婚姻届には新住所を書くのか、住民票に登録されている住所を書くのか分からないという事は多いです。
すでに同棲をしており、入籍と同時に住民票を異動する場合には転出証明書と転入届が必要です。
同棲をしていない場合、夫妻それぞれの住民票にある住所と世帯主を記入しましょう。
婚姻届の記載の際、比較的多い疑問の一つなので、分からない場合には役所の方に直接質問してみるとより安心出来るでしょう。

これらのように、婚姻届に関する疑問を抱えられている方は少なくありません。
実は思っていた事と違う、間違って覚えていたという事もあると思いますので、適切な知識を身につけておきましょう。
そうすれば、いざ婚姻届などの必要書類を準備し、提出するということになっても、安心です。

さいごに〜婚姻届は新たな家族が出来る最高の幸せ切符〜

特に女性は、結婚に憧れる方が多いですよね。
こんな幸せな家庭にしたいや、子供がほしいなど、様々な理想の家庭があると思います。

 

婚姻届は、新たな家族を作るための幸福切符みたいな感じですよね。
24時間提出できますので、ご夫婦で一緒に提出して、記念日をお祝いしていきましょう♪